アクセサリー修理

大切なリングやピアス、ネックレスと言ったアクセサリーは、
どのように保管すればいいのかな?って方も多いでしょう。

lineo1

★ アクセサリー修理工房をご紹介する前に トラブルを未然に防ぐ方法を お教えします(~_~)

accessoryお金に余裕のある方々は、専用の宝石箱が在りますから、それを利用。その宝石箱に、隙間を空けて(アクセサリーやジュエリーがぶつからないように)収めて保管してくださるだけで大丈夫です。

私の様に、宝石箱などが無い方の場合は、空き箱を利用です~♪ 空き箱の中を上手に区切り、下にコットンなどの柔らかい緩衝材を敷いたり、スポンジなどを敷いたりして 工夫の上で保管します。

その場合、傷が付き易いシルバーやゴールドのアクセサリーは、最初から他のアクセサリー・ジュエリーとは別々に保管する様に。一緒に仕舞い込んだりしない様にしましょう、簡単でしょう~(^^)

私は、ゴールドやプラチナなどの、高価なアクセサリーなんて、持っていませんからシルバーアクセサリーをメインにお話します。

シルバーは 皆さんが思うよりデリケートで 柔らかな材質です。そのシルバー製品の魅力とも言える、上品な輝きや新鮮さを長持ちさせるため、少々注意が必要ですから 下に書いておきますね♪

 まず 一番最初に注意する事は、当然の事ですが^_^; 使ってる時も 気を使う事です。硬いものとの接触や、衝撃などには注意しましょうね。

 外出中に 仕方なく外した時にも、ついつい ポケットやバッグなどに、ポイ!っと入れちゃう事が多いのですが、ハンカチやチッシュなどに包んでから仕舞うようにしてあげましょう~(~o~)

 そして、どうしても避けられないのが シルバー製品の変色です。シルバーは置いておくと 表面が、黒ずんでしまう特性をもってます。また、シルバーは酸化すると よく言われますが、実際 銀そのものは、高い温度に加熱しなければ、通常では酸化を起したりしません。シルバーの変色原因の殆んどは 硫化なんですョ~(^^)/ 

それと、塩化反応も まれに起こります。銀は 空気中の硫化ガスにより硫化反応を起します。表面に硫化銀の皮膜を作り変色が起こるのです。

硫化銀の皮膜の厚さによって、薄いときは黄色、次に茶褐色に変わり、更に皮膜が厚くなると黒、さらに硫黄成分の温泉やお風呂に指輪などをつけたまま浸かると、急激に硫化反応が起こり、紫色になるようです。

皆さんも時々使う 市販の入浴剤でも 硫酸ナトリウムや硫酸塩などの硫黄分が入っている場合も 同じ事が起こるそうです。今度、皆さんもお風呂で この様な入浴剤を入れて試してみると良いかも、私も試してみようっと~\(~o~)/

ところで リングの裏側などに よく見かけられる数字、silver925、という刻印は、その銀の純度を表します。 ただ、純銀のままですと 非常に柔かいので、通常は合金にするケースが多いのですね。

ちなみに、925は、銀の含有率が、92.5%である、という意味です。また刻印された数字ですが 純度が925以上ですと そのリングは、スターリングシルバーと呼ばれます。

 

yotuba01

 

と、簡単にですが・・・、シルバーの、うんちくでした~(^_^)v それでは、そのシルバーを含め、ジュエリーや、アクセサリーなどの修理工房さんを ご紹介して参りますので、ご訪問のみなさま どうぞ ご利用下さいませ。